舞岡ショット

舞岡公園を中心に、散歩の途中で見かけた身近な鳥や虫などのスナップでつづるフォト日記です。

ニューフェイス撮りまとめ

ニューフェイス撮りまとめ
ここ10日ほどの間に出会った、初見や印象に残った昆虫をまとめてアップします。

P1161413(2)_convert_20240411194052.jpg
2024.3.30. 舞岡公園 ナカジロサビカミキリ 初見
擬木杭の窪みに何か塊のようなものがあった。そっと触ってみると、畳込まれていた触角や脚がゆっくり広がった。カミキリだった。朝早かったせいか動きがとても緩慢だった。このカミキリは成虫で越冬するというが、まだ目覚めていないのだろうか。体長は目測約15㎜。
P1161669(2)_convert_20240411194115.jpg
2024.3.30. 舞岡公園 キクビアオアトキリゴミムシ 初見
畑の脇に植えられている菜の花の根元にいた。ハムシかと思ったがゴミムシだった。前翅のブルーが美しい。因みに舌を噛みそうな和名の由来もここにある。まず首が黄色だ。前翅が青い。前翅が途中で切れている。後切りだ。全部つなげると、キクビ・アオ・アトキリ・ゴミムシとなる。もう噛まない。
P1162523(3)_convert_20240411194133.jpg
2024.4.6.  舞岡公園 ヒメウスアオシャク 初見
アオシャクはなかなか見られない。これまで舞岡で僅かに5種(泣)。毎回立ち寄るポイントにひっそりと佇んでいた。非常に美しい個体で感動した。再会できるか?
P1162640(2)_convert_20240411194214.jpg
2024.4.6. 舞岡公園 ヘビトンボ目 センブリ科の一種か? 初見
ハチかな?よく見るとヘビトンボの特徴を備えている。『スターウォーズ』のダースベーダーのようだ。迫力ある風貌だが如何せん小さい。体長約20㎜ほど。
P1162637(2)_convert_20240411194155.jpg
2024.4.6. 舞岡公園

スポンサーサイト



水曜名蛾座

水曜名
お蔵入りとなった名蛾を毎週水曜日にアップします。

P1071755_(2)_convert_20240329182329.jpg
2022.9.16. 舞岡公園 アカイラガ
P1071746_(2)_convert_20240329182350.jpg
2022.9.16. 舞岡公園 アカイラガ 
P1075923_(2)_convert_20240329182548.jpg
2022.11.3. 舞岡公園 アカイラガ幼虫
P1075924_convert_20240329182447.jpg
2023.11.19. 舞岡公園 アカエグリバ 
類似種ヒメエグリバに比べ、①頭が突出している②前翅下部のエグレが強い、ことから本種と判断した。
P1075925_convert_20240329182523.jpg
2023.8.10. 舞岡公園 ヒメエグリバ

ゴマフリドクガ

今日は昼前から雨の予報だった。1日滞在は無理かもしれない。弁当を持たず10時45分には舞岡を離れることにした。気温が高めになってきて昆虫も出始めた。明日は朝から雨だという。2時間ほどだが、晴れ間のあるときにチェックしておきたい。朝一番はトイレと相場が決まっている。おや?グリーンの見慣れない蛾が貼り付いている。アシブトチズモンアオシャクだな!焦っては駄目だ、落ち着かなければ。本当はこんな場所でしたくはなかったのだが、大きく深呼吸した。暗いのにガラス越しの光線がまぶしい。条件は良くなかったが証拠写真としては十分だ。
さて、と。トイレを後に柵巡りを開始した。擬木杭に何やら黄色いものがくっついている。キノコか…?でも擬木にキノコは相性悪くないか?しゃがんでみる。ぬいぐるみのような毛むくじゃらの蛾だ。ゴマフリドクガと知った。羽化直かと思われるほど綺麗だった。こんな日に限っていろいろ出てくる。しかし時間だ。薄くなった後ろ髪を引かれる思いで舞岡を後にした。

P1163441(2)_convert_20240408193126.jpg
2024.4.8.舞岡公園 アシブトチズモンアオシャク
この蛾を撮るのにトイレで悪戦苦闘した、おなじみさんのエピソードを懐かしく思い出した。お元気ですか?
P1163517(2)_convert_20240408193152.jpg
2024.4.8. 舞岡公園 ゴマフリドクガ
P1163587(2)_convert_20240408193214.jpg
2024.4.8. 舞岡公園 ゴマフリドクガ
P1163593(2)_convert_20240408193235.jpg
2024.4.8. 舞岡公園 ゴマフリドクガ

モンホソバスズメ

ご多分に漏れず、昆虫採集に熱中した時代があった。高校生くらいまでだったから、そう遠い昔ではない。昆虫採集や標本作りは、昭和の少年にとってたしなみともいえるものだった。チョウが中心だった。夜に活動する蛾は気味悪く、対象にはならなかった。それでもキイロスズメのときは興奮した。暗闇に怪しく光る赤い目。冥府の使者に魅せられた。内臓を取り除き、綿を詰め、形を整える。完璧な標本だ。それ以来スズメガを見ることはなかった。
舞岡でもスズメガを見る機会は滅多にない。8月半ば、小谷戸の里のアジサイに、茶色の枯れ葉のようなものが引っかかっているのに気がついた。覆っていた葉をゆっくり取り除く。間違いない、スズメガだ。しかも初めてのスズメガだ。突然の出会い。こういうことがあるから続くのかもしれない。期待が明日を引き寄せるのかもしれない。

P1133613_(2)_convert_20240205184009.jpg
モンホソバスズメ 2023.8.12. 舞岡公園
蛾は近似種が多く個体差も大きい。同定は大変だが楽しみだ。二次元の標本作りといったところか。ネットを駆使すると、ホソバスズメ、モンホソバスズメ、アジアホソバスズメの3つが候補だと分かった。総合的に判断してモンホソバスズメとした。
P1133753_(2)_convert_20240205183901.jpg
モンホソバスズメ 2023.8.12. 舞岡公園
①前翅つけ根付近の黒い二つの点(紋)がほぼ同じ大きさ。ホソバスズメは内側の点(紋)が大きく、外側が小さい。この時点でホソバスズメは除外。アジアホソバスズメの点(紋)は両方同じくらいの大きさだが、モンホソバスズメに比べて小さい。
②亜外縁線(前翅先端の暗緑色の線)の湾曲度が大きい。アジアホソバスズメは浅く緩やかな曲線
③前翅頂のとがり具合が鈍角。アジアホソバスズメは鋭角でトビクチ状
P1133704_(3)_convert_20240205184121.jpg
モンホソバスズメ 2023.8.12. 舞岡公園
P1133733_(2)_convert_20240205184209.jpg
モンホソバスズメ 2023.8.12. 舞岡公園
P1133697(2)_convert_20240205184044.jpg
モンホソバスズメ 2023.8.12. 舞岡公園

ウンモンクチバ、オオウンモンクチバ

蛾を意識的に撮るようになった。いや、殆ど探してまで撮るようになった。舞岡で最初に撮った蛾はウンモンクチバだ。三角形のスタイルに魅了された。色や模様が個体毎に異なるようで、見つけるたびに新種かと色めき立った。最終的にはウンモンクチバとオオウンモンクチバの2種類に分けてみたが、実のところ自信度★1つ。他にニセウンモンクチバというのもあり、ことは複雑だ。こちらはウンモンクチバとの区別は困難とある。区別が困難ならウンモンクチバでよいではないか。検索ネットに絡め取られる。《お散歩カメラで出発したはずだよ。細かいことは気にしない。》もう一人の自分が囁く。

P1070148_(2)ウンモンクチバ_convert_20240203172131
ウンモンクチバ 2022.9.4. 舞岡公園 それでも知りたい。更に画像を集めたい。
P1130221_(2)ウンモンクチバ_convert_20240203172224
ウンモンクチバ 2023.7.21. 舞岡公園
①前翅に滲んだようなスポット状の点(斑紋)
②前翅頂に四角の明瞭な茶色の模様
③前翅の前縁が直線
P1097843_(2)オオウンモンクチバ_convert_20240203172324
オオウンモンクチバ 2023.5.22. 舞岡公園
①前翅に滲んだようなスポット状の点(斑紋)がない。
②前翅頂にある四角の茶色い模様は不明瞭
③前翅に小さな黒点(あれば本種)
④前翅の前縁が僅かに湾曲
P1119635_(2)オオウンモンクチバ_convert_20240203172408
オオウンモンクチバ? 2023.7.21. 舞岡公園 開翅した状態では印象がずいぶん変わる。
①前翅に滲んだようなスポット状の点(斑紋)がない(ように見える)。
②前翅頂にある四角の茶色い模様は不明瞭
③前翅の小さな黒点がないものもある。
④前翅の前縁が僅かに湾曲

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ゴーヘイ

Author:ゴーヘイ
ゴーヘイ【Go Ahead】は気持ちがアップする魔法の言葉。太陽に顔を向けていれば影をを見ることはない、との先人の教えに感銘を受け、ハンドルネームとしました。
愛機はLUMIX G9proとG8、レンズはLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmの2本がメインです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
鳥 (13)
ヒクイナ (1)
ヤマシギ (1)
ルリビタキ (2)
ウソ (1)
ミソサザイ (1)
ツグミ (1)
カワウ (1)
モズ (1)
コゲラ (1)
シジュウカラ (1)
ホオジロ (1)
アオゲラ (1)
蛾 (14)
ツマキシャチホコ (1)
クロメンガタスズメ (2)
モンホソバスズメ (1)
ウンモンクチバ (1)
クロスジフユエダシャク (1)
ウスベニスジナミシャク (1)
ホソバトガリエダシャク (1)
オオアオシャチホコ (1)
シロテンエダシャク (1)
シモフリトゲエダシャク (1)
ホシボシトガリバ (1)
ゴマフリドクガ (1)
水曜名蛾座 (1)
カメムシ (3)
オオツノカメムシ (1)
アカスジキンカメムシ (1)
アカスジカメムシ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん